×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

トップページ

世界中のミュージシャンバンドを検索できるサイト

サイト内検索 powered by Google

あいうえお順
  あ行  か行  さ行  た行  な行
  は行  ま行  や行  ら行  わ行
音楽ジャンル
 アート・ロック
 アイリッシュミュージック
 ア・カペラ
 アシッド・ハウス
 アダルト・コンテンポラリー
 アニメソング
 アフロビート
 アンビエント・環境音楽
 イージーリスニング
 インストゥルメンタル
 インダストリアル
 インディー・ロック
 IDM
 ヴァイキング・メタル
 ウエストコースト・ジャズ
 ウェストコースト・ロック
 AOR
 エクストリーム・メタル
 エクスペリメンタル 実験音楽
 MPB
 エモ(エモーショナル・ハードコア)
 LAメタル
 エレクトロニカ
 エレクトロニック
 エレクトロ・ポップ
 オペラ
 オルタナティブ・ミュージック
 オルタナティヴ・メタル
 オルタナティブ・ロック
 ガレージロック
 カントリー・ミュージック
 カントリー・ロック
 ギターポップ
 クール・ジャズ
 グライム
 グラインドコア
 クラウト・ロック
 クラシック
 グラムメタル
 グラムロック
 グランジ
 グループ・サウンズ(GS)
 ゴシックメタル
 ゴスペル
 コミックソング
 サイケデリックトランス
 サイケデリック・ロック
 サザン・ロック
 ザディコ
 サルサ
 サンバ
 ジャーマンメタル
 ジャズ
 ジャズ・ファンク
 ジャズ・ロック
 ジャパノイズ
 ジャングル
 シャンソン
 シューゲイザー
 J-POP
 渋谷系
 シンセポップ
 シンフォニックメタル
 シンフォニック・ロック
 スカ
 スカコア(スカ・パンク)
 スクリーモ
 スムーズジャズ
 スラッシュメタル
 青春パンク
 ソウルミュージック
 ソフトロック
 ターボ・フォーク
 ダブ
 タンゴ
 チルアウト
 ディキシーランド・ジャズ
 テクノ (ダンスミュージック)
 テクノポップ
 デスメタル
 デスラッシュ
 デルタ・ブルース
 ドゥームメタル
 ドラムンベース
 トリップ・ホップ
 ニュー・ウェイヴ
 ニューエイジ・ミュージック
 ニューミュージック
 ニューロマンティック
 ネオ・アコースティック
 ネオクラシカルメタル
 ネオ・ソウル
 ノイズロック
 ハードコア・パンク
 ハードバップ
 ハードロック
 ハウス
 パブロック
 バラッド
 パワーポップ
 パワーメタル
 パンク・ロック(パンク)
 ピアノ・ロック
 ビッグバンド
 ビッグ・ビート
 ビートロック
 ヒップホップ
 ビバップ
 ファンク
 フォークソング(フォーク)
 フォークメタル
 フォークロック
 フュージョン
 ブラックメタル
 フリージャズ
 ブリットポップ
 ブルー・アイド・ソウル
 ブルーグラス
 ブルース
 ブルースロック
 ブレイクコア
 ブレイクビーツ
 プログレッシブ・メタル
 プログレッシブ・ロック
 ヘヴィメタル
 ヘヴィロック(ラウドロック)
 ボサノヴァ
 ポスト・グランジ
 ポストパンク
 ポストパンク・リバイバル
 ポストロック
 ポップパンク
 ポップ・フォーク
 ポップ・ミュージック
 ポップ・ロック
 マッドチェスター
 マンボ
 ミクスチャー・ロック
 ムード歌謡
 メタルコア
 メロディックデスメタル
 メロディックスピードメタル(パワー)
 メロディック・ハードコア
 ユーロダンス
 ユーロビート
 ラウンジ・ミュージック
 リズム・アンド・ブルース
 レゲエ
 ロカビリー
 ロック
 ロックンロール
 ワールドミュージック
国別
  日本  アメリカ  イギリス  ドイツ
  オーストラリア  カナダ  その他
HOME
エクスペリメンタル 実験音楽
実験音楽(じっけんおんがく、英: experimental music)は、現代音楽の潮流の一つである。これは、音楽学においてはアメリカの作曲家 ジョン・ケージ の導入した用語法として理解されている。ケージは「実験的行為」について、「結果を予知できない行為」という定義を与えており、この意味では、実験音楽とは不確定性の音楽、あるいはそれにチャンス・オペレーションを加えた偶然性の音楽を指す。この(狭義の)「偶然性の音楽」は、1950年代初頭以降、アメリカのケージを中心とした作曲家達によって営まれた。
これに対して、当時のヨーロッパのセリー書法を用いる作曲家(ブーレーズ、シュトックハウゼンなど)の音楽は、たとえ技法として偶然性を取り入れていても「前衛」(avant-garde)ないし「前衛音楽」と呼んで明確に区別するのが普通である。
このような用語法は、レナード・メイヤーの著書「音楽・芸術・思想−20世紀の文化におけるパターンと予測」(Music, the Arts, and Ideas: Patterns and Predictions in Twentieth-Century Culture, 1967)や、マイケル・ナイマンの著作「実験音楽:ケージとその後」(Experimental Music: Cage and Beyond, 1974)において踏襲されている。
しかしこうした区別をせず、「実験音楽」と「前衛音楽」をほぼ同義のものとして両者を区別せず用いる例も見られる。その場合には、この用語は20世紀後半以降の、伝統的な書法とは異なる音楽総てを指している。
あ行 か行 さ行
アート・オブ・ノイズ キング・クリムゾン さささ
た行 な行 は行
たたた ななな ははは
たたた ななな ははは
たたた ななな ははは
たたた ななな ははは
たたた ななな ははは
たたた ななな ははは
ま行 や行 ら行
ままま ややや ららら
ままま ややや ららら
ままま ややや ららら
ままま ややや ららら
ままま ややや ららら
ままま ややや ららら
わ行    
わわわ    
わわわ    
わわわ    
わわわ    
わわわ    
わわわ